目次
├表紙

安全上のご注意1
安全上のご注意2
付属品1
付属品2
準備1
 
(リモコンについて等)
準備2
 
(BSアンテナ接続等)
準備3
 
(ケーブルテレビの接続等)
各部の名称1
 
(本体操作部)
各部の名称2
 (本体背面)
各部の名称3
 (リモコン1)
各部の名称4
 
(リモコン2)
外部との接続1
 
(ビデオデッキとの接続)
外部との接続2
 
(ビデオカメラとの接続)
外部との接続3
 
(コンポーネントで接続)
外部との接続4
 
(D4端子で接続)
外部との接続5
 (パソコンとの接続)
外部との接続6
 (モニター出力から録画)
電源の入り切り
 (メニューの操作)
チャンネルの設定1
チャンネルの設定2
  (BS受信など)
基本的な操作
  (選局・入力選択など)
映像の調整
システム設定1
  (ノイズリダクション・
   VCRモードなど)

システム設定2
  (VGA入力の設定など)
システム設定3
  (VGA入力、解像度など)
システム設定4
  (D4入力時の設定・
   ハイビジョンなど)
音声の調整
画面表示の設定
2画面機能の操作1
2画面機能の操作2
  (パソコンとの併用など)

その他の操作
  (スリープタイマー・音声多重など)
故障かなと思ったら

主な仕様
サポート





バイデザイン社プラズマテレビについて
  現在、バイデザイン社の商品は一部の方に少し不思議な商品?であると思われているようです。
  「なぜその価格でできたのか?」「サポートが心配だ。」「安かろう悪かろうでは無いのか?」
  という具合にです。
  特に、大手メーカーの方、販売店の方などの専門的な方からの質問が多いようです。
  それもそのはず、バイデザイン社という名前にブランド力も信頼性もございませんし、
  実物を見ることの出来る店頭も限られております。
  またサイトでの説明も十分であるとは言えません。
  その上、値段が破格である。
  不思議(怪しい)と思われるのは当然の結果だと思います。

  しかし、実際は?といいますとバイデザイン社は国産メーカーであり、
  社長は元DELLの社長であり、元アキアの社長という肩書きと信頼を持っております。
  又、サポートも大手メーカー(N社)と同じ手法を取っており万全の体制でサポートしております。
  商品も当然優れており中国のソーセーコーで作られております。
  ソーセーコーは液晶などのテレビの専門会社で古くから大手メーカーの製品を作っております。

  上記を見る限りでは何故信頼が無いのか?どこが怪しいのか?と不思議になってしまう程です。
  しかし、理由は至って簡単「皆がこの情報を知らないから」かと思います。
  (値段が安すぎるから、という理由かも知れませんが・・・)

  そのため、弊社としましては「上記以外にも是非この商品の詳細情報を知って頂ければ」と思い、
  取扱説明書を掲載することにしました。
  取扱説明書は「その商品の全てが解る」といっても過言ではない代物かと思います。
  (実物を見ることの出来ない方へ少しでも参考にして頂ければ幸いです。(商品写真はこちら
   そして、少しでも「良い商品である」「お得な商品である」「信頼できる商品である」であると
   理解して頂ければこれ以上うれしいことはありません。)

  是非、厳しい目で説明書の詳細まで見て頂ければと思います。
  そして、是非大手メーカーとのコストパフォーマンスの違いに驚いて頂ければと思います。
  (専門的な知識を持っている方ほど何故この値段で出来たのか?不思議に思われるかと思います。)
  
  是非ご覧下さいませ。

>>安全上のご注意1へ



Copyright(C)2004 Prime-strategy All Rights Reserved
Powered by CMSホームページ制作Web